遺品整理は核家族が進む現代にマストなサービス【終活LIFE】

作業員

困った時に便利

作業員

近年は亡くなった人の遺品整理を専門に行う業者が増えています。 その背景には、核家族化や高齢化で遺族だけで遺品整理をするのが大変な状況が多くなったことや、単身者の孤立死などの増加も要因になっています。 便利屋や不用品回収業者が遺品整理の仕事も同時に行うことも多く、形見として残しておくものや不用品として家具や家電などを廃棄したり、必要であれば部屋の清掃なども行うこともあります。 現在では高齢化に伴い、地域によっては高齢者のみの世帯や単身高齢者の見守り事業なども積極的に行われていますが、都心部などでは近所付き合いが希薄になっていたり、単身高齢者の場合は親戚も高齢な場合や身寄りがない人も多く、遺品整理業者の需要が高まっています。

遺品整理に関しては、便利屋や不用品回収業者などが主に行っていることが多いですが、最近では葬儀屋が必要に応じて業者を紹介してくれることもあります。 遺品整理の需要が増えるとともに、時には業者と遺族が遺品の取り扱いや料金等に関してあとからトラブルになることもあります。 そのため、最近では遺品の取り扱いや各種の手続き等の専門的な知識や遺族との対応を学ぶ講習を行い、遺品整理士という資格制度も設けられています。 特に、亡くなった人や遺族が信仰している宗教がある場合は、その宗教の方法で供養する必要があるため、それらの知識も必要となります。 遺品整理士は故人や遺族の想いを大切にしながら仕事をすることが求められています。